敬老の日のプレゼントとしてボケ防止で意外に役立つ物とは!?

2020年9月21日は『敬老の日』となっています。おじいちゃん、おばあちゃんへのプレゼント選びに悩んでいないでしょうか?

「去年は食べ物を贈り、去年はハンカチを贈り……」と、なんかマンネリ化してきたけど今年は何を贈ったらいいのかという方が増えてきている頃ではないでしょうか。

毎年同じ物を贈るのも、飽きられるかな?と不安になってきます。

この記事では、とても意外でボケ防止に役立つプレゼントをご紹介していきます。

意外なプレゼントとは?

敬老の日のプレゼントとして、ボケ防止に繋がるとても意外な物とは、若い人程知識を持っているあれです。

それは、ゲームです!

「なんでゲーム?」と疑問が出た人も居るのでははいでしょうか?実は、意外に思う人も居るかもしれませんが、ボケ防止としてゲームで遊ぶことより脳が活性化かして、認知機能が上がるというのです。

実際に研究結果として事例が出ている様です。

ボケ防止になる理由

ボケ防止に有効なものとして、交流・運動・挑戦・継続の4つが大事だと言われています。

ゲームに触れたことがある人ならば、この4つ全てを要求されて行うものとしてピンとくるのではないでしょうか。

わからないことを聞いて『交流』、指や身体を動かす『運動』、次はどうするかという『挑戦』、今日だけでなく明日もしたいという『継続』。

どうですか?実は、ゲームを習慣化させるだけでボケ防止に繋がります。それに、不要不急の外出は控える様にといわれている現在の状況もあるので、家に繋ぎとめておくことも出来るのです。

おすすめの物は?

ここでは、敬老の日でのプレゼントとしておすすめの物を紹介していきます。

パーティーゲーム

家族数人で盛り上がれるパーティーゲームが特におすすめですね。大抵のパーティーゲームともなると1人用モードもあるので、家に家族が誰も居ない時でも1人でさせておくことが出来ます。

大きく身体を動かすこともなく、指程度しか使用しないので、怪我の可能性もぐっと少なくなるのが良いですね!また、勝つ・負けるがはっきりしているので、継続しやすいのが嬉しいところ。

任天堂の作品なんかは、誰でも知っているマリオやピカチュウなどのキャラクターが操作出来るので馴染みやすいと思います。

スマッシュブラザーズや、マリオカートなどがおすすめです!

また、特に最新のゲーム機ではなくても、古いゲーム機でも十分だと思います。

中古では、数千円でゲーム機本体とゲームソフトの2つを購入出来たりします。

実際に私はリサイクルショップにて任天堂64というゲームハードを700円、ポケモンスタジアム金銀を300円で購入したことがあります。20年近く古いゲームですが、わずか1000円でハードとソフトを入手出来たので、コスパもかなり良いですよね!

ゲーム機以外でも良い

敬老の日に贈るプレゼントとして、『ゲーム機はちょっと……』と偏見的に見る人も多いと思います。

他にも、意外なプレゼントとしてはトランプやオセロ、将棋などのテーブルゲームもおすすめですね。

テーブルゲームも、交流・運動・挑戦・継続というボケ防止に繋がるものを満たすことが出来ます。老人の方でも、テーブルゲームはプレイしたことがある人は多く、ルール説明をしないまますぐに始められるという点も優秀です。

ただ、難点としては複数人が居ないとゲームにならない点なので、留守番をさせてしまうことが多い家族には不向きかもしれません。

ゲーム機で出来るテーブルゲーム

上2つを融合させた物として、テーブルゲームをゲーム機で動かすといった作品でも良いかもしれませんね!

6月に発売された『世界のアソビ大全51』という、51種類もの作品を1つのゲームソフトにまとめたというものまで存在します。

お値段もそこまで高いわけでもなく、ミドルプライスで購入出来ちゃいます!

もしかしたら、プレゼントしたのに、渡した本人の方がハマってしまう可能性大ですね(笑)。

スマートフォンもOK

スマートフォンだと、無料でパズルゲームをしたりテーブルゲームが出来るアプリが山ほど転がっています。

ゲーム機として与えられるだけでなく、連絡手段にもなるので実は意外に良いプレゼントの様な気がします。

最新機種を渡しても、使いこなせないと思うので、年配者に向けたスマートフォンや、型落ちした安いスマートフォンでも全然大丈夫でしょう。

YOUTUBEなどの動画配信サイトを使うと、自分が好きな動画なども見せることが出来るのでおすすめ!

総評

敬老の日に贈るプレゼントとして、ボケ防止に繋がる意外なもの『ゲーム』の紹介をしました。ゲームはやり過ぎると毒ですが、きちんと時間を決めてすると息抜きにもなるのでおすすめです。

ボケ防止として、交流・運動・挑戦・継続が大事なので、日常でもコミュニケーションを取ったりして、周りから健康にさせていきましょう!若い人の方がゲームには詳しいでしょうし、得意分野ではありませんか?

大事な身内の人へ、この様なゲームをプレゼントというのも検討してみてはいかがでしょうか。

今回はこれで終わります。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました