チェンソーマンのマキマは黒幕!?目的は何なのか!?

チェンソーマン公式サイトより引用

現在連載されている週刊少年ジャンプにて、『毎週毎週目が離せない』と私が推しているのがチェンソーマンという作品です。

最近はたった1話掲載されただけで衝撃が走るくらいハイスピードなシナリオの進み具合で、もうそろそろ最終回が近いのではないかとハラハラしながら追っています。

2020年6月22日発売のジャンプに掲載された今週のチェンソーマンでは、一環として目的不明であるヒロインのマキマが早川アキに契約を持ち掛けるという、本物の悪魔なのではないかという不穏な空気が醸し出されました。

マキマ黒幕説が段々と現実味を帯びてきて、読者的にも苦しい展開が繰り広げられてしまいそうなチェンソーマン本編。

今回は、そんなチェンソーマンのヒロインであるマキマについての目的や黒幕説などの考察をしていきたいと思います。

マキマは人間なのか?

マキマはチェンソーマン本編の中で、幾度も人間とは思えない不可解な現象が起きています。

その中でも1番印象に残るのは、やはり3巻にて射殺されておきながらしれっと復活して、返り血すら浴びていないシーンではないでしょうか。

キン肉マンやドラゴンボールの作品であったならば、亡くなったキャラクターの復活には全く気にも止めない出来事ですが、チェンソーマンは基本的に人間は死んだら終わりという現実世界の理と同じ世界観です。

そんな世界観にて、どう見ても射殺された出来事すら消えているという恐ろしい現象が起きています。私はこの時点で人類の味方側であるが、少なくても人間ではないという予想を立てていました。

人間っぽいのは、ビジュアルだけのキャラクターに思えてきました。

マキマは悪魔なのか?

そして、今週のチェンソーマン(74話)にて目的は不明ながらも、メインキャラクターである早川アキに対して、マキマは悪魔の様な口振りで契約という単語を出してきます。

それどころか、「これは命令です」「契約するといいなさい」と、強要に近い口振りでした。味方であるアキに対しても、この狙いすましたかの様な口振りは、もう人類の敵側なんじゃないかと思わせます。

集英社 週刊少年ジャンプ チェンソーマン74話より引用

『黒幕説がより濃厚になってしまった』と、言われても仕方のない黒さです。

また、マキマはやりたい放題で、アキに対して本人には惚れた記憶がないのにも関わらず好意を抱かせるという好感度を弄っていたということまで判明しました。

主人公である、デンジも現在マキマに絶賛惚れているわけですが、もしかしたらこれもマキマによって作られた好意とも解釈出来そうです。

メイド
メイド

ただ、デンジは惚れっぽい性格なので、デンジに対しては偽りの好意を作る必要性はなさそうな気もします

戦闘能力もずば抜けて高く、デンジより強敵であったレゼ、クァンシ、闇の悪魔を撃退しているというとんでもない強さを誇ります。人間ではないとしたらやはり悪魔なのでしょうか。レゼ編については下のリンクを参照にしてください。

公安でありながら、悪魔という信憑性だけが増していくばかりです。

マキマの目的は?

マキマの目的はなんなのでしょうか?

先週の73話までは、黒幕を装いながらも人類最強の味方だと思っていました。しかし、今週の74話を読んだことで、もしかしたらマジで黒幕なんじゃないかという疑いが私にも出てきました。

マキマの目的は全体を通して『悪魔や魔人を探しているのかな?』という印象が強いです。1話にてデンジの前に現れたのは『ゾンビの悪魔が目的』だったという説は正しい気がします。

マキマはデビルハンターなので、『ゾンビの悪魔を討伐』しにきたとも取れますが、もしかしたら『ゾンビの悪魔の捕獲』という目的もあった様に思えます。1話でやられた敵とはいえ、ゾンビの悪魔もかなり強敵な部類に入ります。

そんなゾンビの悪魔がマキマの手に渡ったとなると、とても恐ろしいですね。

今週の天使の悪魔に対する描写にて、マキマが無理矢理に天使の悪魔を手中に収めた描写がありました。サムライソード、レゼ、クァンシという戦力もマキマの手中にあるといっても過言ではありません。

きたるべき戦いの戦力集めなのか、人類に反旗を翻す為の戦力集めなのかはわかりませんが、戦力を多く集めている様に思えます。黒幕として、今後敵になりそうな予感がヒシヒシと伝わります。

マキマの正体は?

もし、マキマが悪魔なのだとしたら何の悪魔になるのでしょうか?

可能性がありそうなもの、予想が挙げられやすいものをまとめてみます。

メイド
メイド

日々、議論の的になっていますね!

悪魔の悪魔説

マキマが全ての悪魔の頂点に立つ、というまんま黒幕の様な正体説。『トマトの悪魔』や『ゾンビの悪魔』という名前があった時点で、チェンソーマン本編のどこかでいつか出そうだなと思っていた悪魔の予想。

ラスボス黒幕候補から実は捕獲されてましたと、かなり格を落としてしまった銃の悪魔よりも恐ろしい闇の悪魔を追い払った時点で、勝てそうな悪魔となるとやはり悪魔そのものなのではないでしょうか?

動物の悪魔説

マキマがネズミやカラスを通して、何故か遠い位置に居ながらも会話を盗み聞きしているという現象から動物の悪魔ときたもの。もしかしたら、悪魔ではなくて契約している程度のものかもしれません。

しかし、動物の悪魔だとなんか格好悪いので、個人的にはあんまり好きでは説になります。

銃の悪魔説

これも度々黒幕としてのマキマでよく挙がっていた説でが、最近は割りと否定的になりつつある銃の悪魔説。

マキマ自身が、銃の悪魔は既に捕獲されていたと語っていた為に、私もあまり可能性としては低いと思っています。

ただ、アキをデビルハンターにする目的の為に銃の悪魔の災害を引き起こしていたとしたらそれはそれでヤバいと思うけど、かなり盛り上がりそうではあります。

サリエル説

2020年6月22日のチェンソーマンスレで書かれてあったサリエル説。

『「神の命令」という名の大天使(アークエンジェル)で、死を司る』という存在らしい。ここまでくると、もうよくわからない存在である。

命令を強制させたりした描写が複数あるので、あながち間違いじゃなさそうというマキマさんの恐ろしさ……。

メイド
メイド

ほぼ全部黒幕じゃねーか!

総評

チェンソーマンの考察として、マキマの目的はこれから起こるであろう戦いの戦力集めをしているもの。マキマの正体は、『悪魔の悪魔』説を推しておきます。

黒幕か否かという判断はまだ難しいですが、本能的に黒幕でもおかしくないと思います。

しかし、マキマがラスボスというわけではなく、呪術廻戦の五条悟の様な最強の味方ではあって欲しいという願望があります。

これから、チェンソーマンがどう動いていくかはわかりませんが、注目してジャンプを追っていきたいと思います。

今回はこれで終わります。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました